交通事故の過失割合は誰が決めるものなのか

不幸にして交通事故に遭遇してしまった場合は、まず警察を呼んで事故証明を作成してもらう事から始めます。事故が発生して怪我や車が壊れてしまった場合に、誰が治療費や修理費を出すのかと言うのが問題になってきますが、赤信号で停止している時に追突されてしまった事故を除き、殆どの事故はお互いに注意義務など過失が発生します。
ここで当事者同士でもめてしまうのが過失割合で、相手が信号無視で侵入してきたのに何故過失が発生するのかと言う事があります。

こうした過失割合は警察が決める物では無く、保険会社が提示する場合が殆どです。
警察は民事不介入なのであくまでも事故証明を作成するのみで、保険会社が警察の事故証明をもとにして過去の事故事例などを参考にして保険会社同士で決めてから当事者に提示します。

ここで多くの方は知らないのですが、保険会社は過失割合を提示するまでで決定権を持っている訳ではありません。実は過失割合を最終的に決めるのは当事者の合意と、裁判でしかないのです。保険会社が言うのだから間違いないとか、しょうがないと思って示談すると知らない内に損をしている事もあるので、本当に納得出来ない時は訴訟で決着をつける事になります。しかし訴訟を起こして裁判になると時間や資金面などで苦労する事があるので、その前に交通事故に精通した弁護士に相談すると納得の出来る結果になる事が多くあります。最近の事故はより複雑化していますし、保険会社の提示するままに示談するのは後悔の元にもなってしまいます。
後悔する前に弁護士に相談するのは得策とも言えるのです。