社用車での交通事故だった場合の損害賠償について

業務中に社用車で事故を起こしてしまった場合、会社に使用者責任が発生します。使用者責任とは社員が業務にあたって起こしたトラブルや第三者を巻き込んだ事故について会社が損害を賠償する責任があるという規定のことです。なぜ個人の不法行為の責任を釣る必要があるのかというと、一つ目の理由は会社は労働者の活動により利益を上げているので労働者が働いているときに生じた損失の責任も負担するという考え方と二つ目の理由は労働者を使用することで対外的な危険を発生させたことについては使用者である会社が責任を負うべきという考え方があります。

運行供用者責任は具体的にどれほど責任が軽減されるかというと加害行為の態様・労働条件・勤務態度によっても変わってきますが社員が全額賠償するケースはかなり少ないです。車両の修理代も業務中の事故であれば基本的には会社が加入している自動車保険でまかなわれることが一般的です。

また従業員が休日などの営業時間外に勝手に社用車を使用した場合にも運行供用者責任が発生します。営業車を常日頃から使っている社員が事故を起こした場合には会社側が休日を含めて全面的にゆだねている状態だと考えられるので会社が多く責任を持つことになります。普段社用車を使用しない社員が事故を起こした場合には車両管理体制がどうだったかが問題になってきます。例えば車庫に入れていても誰でも運転できる状態であった場合には会社側に責任が発生してきます。