『危険運転致死傷罪』とは何が対象になるのか

危険運転致死傷罪は、2001年に施行されたもので、飲酒運転が無くなることなく多発したことなどから、無謀な運転で悪質で重大な死傷事犯を、故意犯にあたる暴行による傷害や傷害致死に準じた犯罪として処罰するために施行されたものです。

危険運転致死傷罪の対象となるものには、薬物・アルコールの影響力によって、運転操作を正常に行うことが困難にも関わらず、車を走行させる行為があげられます。この他にも、進行を制御することが困難なほどの高速度で車を走行させたり、進行を制御する技能を有しない者が車を走行させる行為に及んだことなどが、危険運転致死傷罪の対象になるものです。

危険運転致死傷罪が適用されているケースの多くを占めているものが、薬物・アルコールの影響というデータがあります。現在でも、交通事故が無くなることはなく、危険運転致死傷罪や飲酒運転の罰則を強化していくことなどで、交通事故の防止への期待がされるのが現状となっています。
危険運転致死傷罪の対象となる行為には、薬物・アルコールの影響で運転操作を正常に行うことが困難にも関わらず車を走行させたり、進行を制御することが困難なほどの高速度で車を走行させたり、進行を制御する技能を有しない者が車を走行させるなどがあります。

他にも、赤色信号又は赤色信号に相当する信号を殊更に無視し、重大な交通の危険を生じさせる速度で車を運転する行為などもあります。薬物・アルコールが大半になりますので、各々運転意識を高めましょう。